スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

二つの異次元体験

2011/6/25(土)
 7時半のバスで映画館へ向い、2本の映画で異次元体験を堪能した。

1本目は、『SUPER 8』
http://http://www.super8-movie.jp/
この作品は ・・・ 本当に面白い!
映画が大好きな人達が造っているのが、観る側にヒシヒシと伝わり、どの
カットも 「映画に対する愛情」 が感じられ、『素晴らしき哉、人生!』 同様
無駄なシーンが全く無い。

時は1979年、携帯電話も家庭にパソコンも無い時代(ウィークマンが発売
された年)8ミリカメラで映画撮影に夢中な子ども達と異星人(と言うか爬虫類
の様な・・・)
が登場する「SF」、「アクション」、「ファミリー」、「アドベンチャー」、
「青春」映画の要素を絶妙に併せ持つ「ファンタジー」映画で、若い頃観た
『ET』 と同様、観終わった後も温かく爽やかな余韻が残った。

列車の脱線シーンは私が今まで観た作品中でも最高の迫力で、空を舞う
貨物車両が本当に怖かったし(でも、あの先生、よく生きてたわねぇ : 笑)、
子ども達が実に良く (ホラーが駄目な私でもアリスのゾンビ姿さえ可愛く
感じた : 笑)、ストーリー展開もテンポ良く、最後まで一気に魅せてくれる。

ラストも(大学時代好きだった)The Knackの「My Sharona」が流れ、ここ
まで私を泣かせてくれるかと、もう陶酔状態であった(お気に入りのギター
ソロが流れなかったのは、ちょっぴり残念だったけどネ!)

文句無しの「歴史に残る名画」でしょう!!

---
製作: 2011年
監督: J.J.エイブラムス
出演: ジョエル・コートニー/エル・ファニング/ライリー・グリフィス/
     ライリー・グリフィス/ライアン・リー/ガブリエル・バッソ
採点: ★★★★★
----

2本目は、『星を追う子ども』
http://www.hoshi-o-kodomo.jp/top.php
こちらは アニメで、全く予備知識無く観たが、これがまた素晴らしかった!
『SUPER 8』 との化学反応とでも言おうか、同じテーマ (やっぱ愛でしょ) で、
斬新奇抜なストーリーにより1級のファンタジー作品となっている。

近未来のSFと思いきや、「鉱石ラジオ」、「山間部の田舎町」と、こちらも
一種 ノスタルジックな感慨にふけった。

『SUPER 8』 同様、私も異文化の者とも気持ちは通じると思っている。

---
製作: 2011年
監督: 新海誠
出演(声): 金元寿子/入野自由/井上和彦/島本須美/
        日高里菜/竹内順子/折笠富美子
採点: ★★★★☆
----

 素敵な2本の組み合わせで見せてくれた映画の神様と
   製作者側の熱き情熱(映画愛)に乾杯!


【To be continued.】
スポンサーサイト
 
 

コメント

コメントの投稿 (ご自由にどうぞ!)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yokubari13.blog40.fc2.com/tb.php/272-c4e77e65

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。