スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

マイルストーン ('06/11月)

2006/11/30(木)
 明日から12月、今年も残すところ 後1ヶ月!
果たして、『欲張り王』 への進捗は如何に!?

■2006年度必達目標の進捗状況
 1.年間10冊の本を読む!
   ・・・ 2冊 (累計:7冊、進捗率:70%)
   ☆「城をとる話」(司馬遼太郎)
   ☆「地下鉄(メトロ)に乗って」(浅田次郎)

 2.年間20本のロードショーを観る! 目標達成
   ・・・ 2本(累計:20本、進捗率:100%)
   ☆11月6日「手紙」
   ☆11月6日「地下鉄(メトロ)に乗って 」

 3.年間20枚のJAZZ/Classicの名盤を聴く! 目標達成
   ・・・ 1枚 (累計:21枚、進捗率:105%)
   ☆「ヴィヴァルディ 調和の霊感」 シモーネ指揮/イ・ソリスティ・ヴェネティ

 4.年間6回の献血をする! 目標達成
   ・・・ 1回 (累計:9回、進捗率:150%)
   ☆11月23日「400ml」
 
 5.家族を3回宿泊の伴う旅行に連れて行く!
   ・・・ 0回 (累計:2回、進捗率:66.7%)

 6.「TOEIC 600点突破/英検2級合格」を目指す! 目標未達
   ・10/15(日)英検2級受験 ・・・ 不合格 

 7.11月の市民マラソン10kmに出場し完走する! 目標達成
   ・11/19(日)市民マラソン完走 ・・・ 1時間2分24秒
  
 8.年間20万円の貯蓄をする!
    ☆11月Net収入 : 1,520円
    (累計:183,080円、進捗率:91.5%)

 9.カミさん孝行をする!!
   ・2ヶ月に1度、日帰りだけど温泉に連れて行く!
   ・・・ 2回 (累計:5回、進捗率:83.3%)
 
10.ブログを充実させ、多くの人と友達になる!
   ・目標:相互リンク10件
   ・・・ 0件 (累計:5件、進捗率:50%)

11.「中国語能力検定(準4級)合格」を目指す! 目標未達
    ・11/26(日) 中検準4級受験 ・・・ 不合格 (多分) 

本年度、「欲張り王」への道は途絶えたが、
   来年度に向け ラスト1ヶ月、ベストを尽くそう!!


【To be continued.】
スポンサーサイト
 
 

或る夜の出来事

2006/11/27(月)
 映画 『素晴らしき哉、人生』('46)、 『スミス都へ行く』('39) の
キャプラ監督作品で第7回('34)アカデミー賞 主要5部門(作品・
監督・主演男優・主演女優・脚色賞
)を独占したこの名作は、私の大
好きな「ラブ・コメディー」で、主演の二人が実に良いのです。

 私にとってC・ゲーブルは (レット・バトラーも良いですが) この作品
の ”新聞記者ピーター” のイメージで、逞しくダンディーな所が
とても格好良く、C・コルベールも最初は生意気な蛙の様な顔に
見えるのですが、段々愛らしい顔に見えて来るのが不思議です。

 有名なヒッチハイクの場面のC・ゲーブルはチャップリンに優る
とも劣らぬ名演で、この抱腹絶倒シーンで何度涙を流した事か。
又、バスの中での合唱場面や 車を運転しながら歌う彼を観て
いると、カルロス・ガルデルを意識しているのかしら?と勝手に
想像してしまいます。

 何度観ても飽きない この古典の名作は、今の若い方にも
本当にお勧めの一本だと思います。

  私もピーターの様に粋な男になりたいものです。
     キャプラ監督の人間賛歌に乾杯!!

---
製作: 1934年
監督: フランク・キャプラ
出演: クラーク・ゲーブル/クローデット・コルベール/
    ウォルター・コノリー/ロスコー・カーンズ/
    アラン・ヘイル/ウォード・ボンド
採点: ★★★★★
----

【To be continued.】
 
 

中検八幸 ~ 律儀な好奇心 ~

2006/11/26(日)
 本日、『中国語検定試験中検)』 を受験してきた。 私は
「準4級」という ”中国語学習を進める上での基礎が出来
ているか” が試される一番下のクラスを受験したのだが、
日頃の勉強不足が祟って半分程度しか分からなかった。

 こちらの方も、英検程では無いにしろ若い人たちが沢山
受験されており、彼らの年頃には遊び呆けていた私として
は、大いに感心させられた。

中検と李綱

 中国語は、確かに発音等も難しいが、個人的にも大変
興味が有り、英語と共に今後も楽しみながら学習しようと
思う。いつか、1) 中国を旅行したり、2) 中国の方のブログ
にコメントしたり、3) 「李綱文集」を原文で読んじゃったり、
・・・ 夢(妄想)は早くも肥大し、止まらない!(どうしましょう!!

【To be continued.】
 
 

黄昏のレンガ路 (エルトン・ジョン)

2006/11/23(木)
 その昔、大学の寮生だった私はダンス・パーティーに向け
先輩のご指導の元、連夜ダンスの練習をした経験がある。
既にステップも忘れたが) ルンバ、チャチャチャ、等 男同士で
照れ笑いの中 練習を重ね、私は何種類かのダンスの中で
エルトン・ジョンの 「ダニエル」 が練習曲のスローなステップ
のダンスが気に入り、「よ~し、これ1本で行くぞ!」 と決め、
ダンス・パーティー当日 Shall we dance? と女の子を誘った
のは良いが、昔のダンパでも 「ダニエル」 は・・・流れなかった
この曲を聴くと この時のほろ苦くも懐かしい思い出が蘇る。

 世にメロディー・メーカーと呼ばれる人は、P・マッカートニー
始め G・オサリバン、E・カルメン、等 多く、エルトン・ジョンも
確実に含まれると思うが、私が彼の歌に共感する点は、その
「前向きな明るさ」と言うか、「Positiveな曲調」で、彼の全ての
作品を聴いていない為(70年代の曲しか知らない)、多分に主観
的で有るが、バニー・トーピン(作詞)との共作に依る為か、
彼らの曲は 極度に湿り気が少ない様に、私には思える。

エルトン・ジョン

 私は哀愁漂う曲調を好み、ビートルズの「LET IT BE」張り
の力強いピアノの和音で始まる「グッバイ・イエロー・ブリック・
ロード」 が大好きで 人生の哀愁の様な物を感じるが、彼の
声質とサラッと歌う歌唱法に依るものか、彼方に希望すら
感じられる。 これは、私の好きな高湿度系の名曲「青い影
プロコル・ハルム)」、「ウイズアウト・ユー(バッド・フィンガー)」
等と趣を異にしている(これはどちらが良いという話では無い) 。

 多くのファン同様、33年前に発表された2枚のアルバム、
ピアニストを撃つな!! 1973年1月)』 と 『 黄昏のレンガ路
1973年10月)』 が私のお気に入りで、今後も聴き継がれて
行く名盤だと思う。

【To be continued.】
 
 

走れ メ ロ メ ロ ッ ス

2006/11/19(日)
 子供の頃から (多少 足が速かった事もあり) 走る事は嫌いでは無く、
20代後半迄は、楽しく走る事が出来た(会社の陸上部で フルマラソンも
何度か完走した
)。 結婚してからは走る事も無くなり、ここ数年は
2Km程度の親子マラソンでも、ゼェ~ゼェ~いってしまう有様。

 こんな事では イカン!と、本年度の目標に「市民マラソン10km
完走」 を入れ、休日の早朝練習を行ったのだが、10Kmはおろか、
5kmも走る事が出来なかった(いつも2~3kmで走れなくなった)。そして
とうとう11月に・・・。5kmにすれば良かったと後悔しても、もう遅い。
ここまで来たらジタバタしても始まらぬと、この一週間 心頭滅却し
た気になって、レース中に起こるであろう心の葛藤シミュレーション
に太宰の書の黙読を繰り返した。 効果の程は、はなはだ疑問だが・・・

 「私は、醜い裏切り者だ。どうとも、勝手にするがよい。(中略) 水を
両手で掬って、一口飲んだ。ほうと長い溜息が出て、夢から覚めた
ような気がした。歩ける。行こう。肉体の疲労恢復と共に、わずか
ながら希望が生れた。義務遂行の希望である。(中略) 私は、信頼
に報いなければならぬ。いまはただその一事だ。走れ!メロス。」


 そして、いよいよ レース当日を迎えた。天候は曇り、気温10℃
と少々寒い。10:45スタートし、”目標タイム1時間”を目指し、快走
・・・とは行かず、メロメロ、メタメタ、ボロボロになり、1時間2分24秒
でゴールした(後1km走っていたら両足吊っていた)。 一般男子40歳
以上の部で305人中 251位だった。 _| ̄|●   辛うじて完走
出来たのは沿道の方々の応援のお陰だと思う。フラフラになって
ゴールした自称 北関東のニジンスキーに家内が温かい労いの言葉
を掛けてくれた。「まるでダルマが走っている様だった。ダイエット
しないと駄目だわねぇ!」

 今晩は近場の温泉で疲れを癒す予定である。

【To be continued.】
 
 

禁煙記念日 ~ 為せば成る ~

2006/11/11(土)
 「この味は (もう) いいねと君が言ったから
      11月11日は 禁煙記念日」 (盗作の上に 字余り ;)


 禁煙して、今日で 「丸3年」 が経った。 3年前に家を建て、
家内に 「家の中での喫煙禁止。 喫煙は (寒い) 外で!」 と
温かい言葉を掛けられたのを機に、語呂の良い 11/11
禁煙し、今日まで続いている。

 思えば、私の人生は大学入学以降 喫煙と禁煙の繰り返し
であった。「煙草をやめるなんてとても簡単なことだ。 私は
百回以上も禁煙している。」 はマーク・トウェーンの言葉で
あるが、禁煙回数なら私だって彼には負けていないと思う!
自慢にならぬが ・・・
朝に禁煙を思い立ち、煙草を捨てたのも束の間、昼には又
煙草を買い、夜には再び煙草をごみ箱に捨てる。若い頃は
こんな事を延々と繰り返し、自己嫌悪に陥っていたもので
ある (喫煙は体に悪いが、禁煙は精神衛生上悪いと頭を抱えてた)。

 3年前に禁煙を決意し、その後暫く 書店では ”禁煙法” や
”喫煙の害” に関する本ばかり立ち読みしていたら、自然と
煙草に対する欲求も無くなり、禁断症状に悩まされる事も無く
禁煙する事が出来た。やはり上杉鷹山の歌は至言である。

  為せば成る 為さねば成らぬ 何事も
            成らぬは人の 為さぬなりけり


【To be continued.】
 
 

石の上にも ・・・ 3年 or 残念 !?

2006/11/10(金)
 最近の中国株の株価上昇により、私の保有株も全て
プラスとなり、本日 中国製薬集団[1093]を HK$1.08で
8,000株 売却し、一先ず今後の回転資金を確保した。

 昨年4月に初めて中国株を購入し、多くの雑誌 等に
「中国株の成功の秘訣は我慢と忍耐」と有った事から、
2008年の北京五輪までは最低でも保有する積りだが、
これまでは その方針は正しかった様に思われる。

 これからも、当然 株価のUp/Downが繰り返されると
思うが、売買のタイミングを楽しみたいと思っている。

【保有株の損益一覧(11/10現在)】
(1)中国(香港)石油[0135]: 10,000株
― 約定:HK$1.277 時価:HK$4.000損益率:+213.32%
(2)馬鞍山鋼鉄[0323]: 14,000株
― 約定:HK$2.452 時価:HK$3.330 損益率:+35.84%
(3)中国石化上海石油化工[0338]: 12,000株
― 約定:HK$2.643 時価:HK$3.350 損益率:+26.76%
(4)鞍鋼新軋鋼[0347]: 4,000株
― 約定:HK$3.845 時価:HK$8.640 損益率:+124.70%
(5)中国海洋石油[0883]: 1,000株
― 約定:HK$4.337 時価:HK$6.850 損益率:+57.93%
(6)中国製薬集団[1093]: 4,000株
― 約定:HK$0.963 時価:HK$1.040 損益率:+8.03%
(7)中海集運 [2866]: 8,000株
― 約定:HK$1.885 時価:HK$2.060 損益率:+9.31%
(8)深セン市東江環保有限公司[8230]: 10,000株
― 約定:HK$0.473 時価:HK$1.800 損益率:+280.23%
---------------------------------------------------
・総受渡金額:1,976,503円 総時価評価額:3,258,035円
― 利益:1,281,532円(利益率:+64.8%)

【To be continued.】
 
 

地下鉄(メトロ)に乗って

2006/11/6(月) ~ No.2 ~
 ファースト・フード店で軽く昼食を済ませ、再び映画館へ
2本目は浅田次郎の原作 『地下鉄(メトロ)に乗って』。

 私にとって浅田と言えば 『壬生義士伝』 で、吉村貫一郎
の生き様に感動したが、こちらは東野圭吾の 『時生』 ばり
に、若き父親の時代や自分の子供時代へ タイムスリップし、
自分勝手だと非難していた父親の真の姿を理解するという
切ない「大人のファンタジー」で、これも1本目の 『手紙』 同様
「家族愛」がテーマの作品だと思った。

 タイムスリップの発生原因や地下鉄との因果関係も不明
だが(SFに理由は不要なのかも知れぬが)、確かに当初存在して
いた岡本綾さん演ずる”みち子”の存在が悲しく、こちらも是非
原作を読んでみようと思う。

 今日は「家族愛」の秀作を 2本も観て、色々考えさせられ、
とても有意義だったが、少々 ・・・ 疲れたぁ~

---
製作: 2006年
監督: 篠原哲雄
出演: 堤真一/岡本綾/常盤貴子/大沢たかお/
     田中泯/笹野高史/北条隆博/吉行和子
採点: ★★★★☆
----

【To be continued.】
 
 

手紙

2006/11/6(月) ~ No.1 ~
 3日(金)からの4連休とすべく、以前より本日の有休を計画
取得(申請)していたのだが、さ~て、何をしようかぁ ・・・。
 学生時代は映画三昧で名画座で2本立て/3本立ても、ざら
だったが最近は そうも行かず ・・・ そこで、月曜日が メンズ
ディ(男性は千円)の映画館で 2本ロードショーを観る事にした。

 1本目は東野圭吾の原作 『手紙』。 東野の作品は家内
の推薦で推理物を数冊読んでおり、中々面白いと思っていた
訳だが、先日も家内が読んだ「手紙」がとても良かったと言っ
てた事もあり、この作品を観る事にした。

 かなり重いテーマだったが、途中から「これは我々一人一人
に関係する家族愛がテーマの映画」 に思え、完全に引き込ま
れた。 ラストの刑務所での慰安の漫才で 「しょうがないです
よね、血が繋がっちゃてますからね。」と言う弟、涙を流し手を
合わせている服役中の兄 ・・・。 不覚にも涙がこぼれ、止まらない
隣からもすすり泣きの音が、そっと横目で見ると ・・・ 私より
年輩の男性だった。
「帰ったら私も原作を読もう」 と赤い目をして心に決めた。

---
製作: 2006年
監督: 生野慈朗
出演: 山田孝之/玉山鉄二/沢尻エリカ/吹石一恵
    尾上寛之/吹越満/風間杜夫/杉浦直樹
採点: ★★★★★
----

【To be continued.】
 
 

急ピッチで進む 「河井継之助記念館」工事!!

2006/11/5(日)
 この3連休を利用して帰省(新潟県長岡市)し、両親と紅葉が
見事な秋の越後路(津南~秋山郷)のドライブを楽しんできた。
3日間とも天候に恵まれ、私も充分リフレッシュ出来た。

 さて、今回の帰省の楽しみはもう一つ有り、8/16(水)に記載
した 「河井継之助記念館」 の建設状況を確認する事だった。
8月に河井邸跡横の建物をリフォームして記念館とする事を
市役所の人に伺っていたが、業者も未定との事で心配したが、
3日(文化の日)も休まず工事が進められており、今月末には
建物は完成する様に思われる。
河井記念館(工事中) 河井継之助の墓(栄凉寺)

 問題は、やはり展示内容であろう。市立図書館蔵の河井さん
の旅日記 『塵壺』 の本物の展示の他に何を展示出来るかが
鍵となりそうだ。 河井さんの墓参りをして長岡を発った。
年末の帰省が、本当に楽しみである!

【To be continued.】
 
 

ローマの休日

2006/11/3(金)
 今日は「文化の日」で、お休み! 「休日(Holiday」と聞くと、嬉しく
ワクワクしますが、私にとって胸キュンの休日はポルナレフの名曲
『愛の休日(Holidays)』 と名画 『ローマの休日(Roman Holiday』 です。

 高校時代から映画雑誌で、 『ローマの休日』 の記事を読む度に
何時かは観たいと思っていた訳ですが、大学進学で東京へ出て
来た'78年の5月19日に後楽園シネマで(『男と女』との2本立て)、念願
叶い観る事が出来ました。オードリーの微笑みにメロメロになった
事を今でも懐かしく覚えています。

後楽園シネマチケット(昭和53年5月)

 その後も、何度も観ていますが、G・ペックのベテランの演技と
オードリーの初々しさのバランスの妙とでも申しましょうか、
前半のコミカルなストーリーや後半のラブ・シーンも何度観ても
飽きる事が無く、ラストの記者会見の場面では 最後に見せる
オードリーの切なくも美しい微笑みに毎回 胸が締め付けられます。

 後楽園シネマは既に閉館し在りませんが、たった1日の自由な
行動が、掛け替えの無い思い出となったプリンセスへの同情と
やるせなく切ない思いで、ラスト・シーンのジョー・ブラッドレー
宜しく感慨深く映画館から出て来た28年前の懐かしい思い出を、
私は生涯忘れる事は無いでしょう。

 永遠に色褪せない名画の感動と
    オードリーの微笑みのパワーに乾杯!!

---
製作: 1953年
監督: ウィリアム・ワイラー
出演: グレゴリー・ペック/オードリー・ヘプバーン/
    エディ・アルバート
採点: ★★★★★
----

【To be continued.】
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。