スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

■ マイル・ストーン ('06/2月)

2006/2/28(火)
 早いもので、今日で2月も終わりである。
果たして、『欲張り王』への進捗は如何に!?

■2006年度必達目標の進捗状況(進捗のあった物のみ
 2)年間10本のロードショーを観る!
   ・・・ 2本(累計:4本、進捗率:40%)
   ☆2月13日「フライトプラン」
   ☆2月14日「博士の愛した数式」

 4)年間6回の献血をする!
   ・・・ 2回 (進捗率:33.3%)
    ☆2月14日「血小板」

 8)年間50万円の貯蓄をする!
   ・6/末までに25万円確保
    ☆2月Net収入:1,700円
    (累計:6,190円、進捗率:1.2%)

 今月は残念ながら全体的に低調だった。
 来月は特に下記3項目の進捗を強化したい。

 1)年間10冊の小説を読む!
 3)年間10枚のJAZZ/Classicの名盤を聴く!
 7)11月の市民マラソン10kmに出場し完走する!
 
11項目全て達成出来たら【欲張り王】、欲張り王に俺はなる!!

【To be continued.】
スポンサーサイト
 
 

生きる

2006/2/23(木)
 私には定期的に繰り返し観る大好きな映画が2本あります。
フランク・キャプラ監督の 『素晴らしき哉、人生!』 (1946年)
黒澤明監督の 『生きる』 (1952年)です。

 前者は「人生の楽しさ・素晴らしさ」を再認識させてくれ、
後者は「人生の意義・価値」を深く考えさせられる作品です。

黒澤作品(特に初期の作品)は 『七人の侍』 を始め、躍動感
溢れる映像・音楽とストーリーの面白さで魅せる優れたものが
多いと思うのですが、この 『生きる』 は「死」から「生」を見つめ
(捕らえ)ており、ある種 静の迫力とでも申しましょうか、
人間の弱さと強さが見事に描かれており、私にとっては
黒澤作品の中でベスト1の傑作です。

 胃がんで余命幾ばくも無い事を悟った役場勤めの主人公が、
最初は情緒不安定な行動をとりますが、最後は公園を造ると
いう目的に向かって邁進する生き方に私は強く惹かれます。
この間僅か「5ヶ月間」ですが、悠久の歴史の流れの中では
5ヶ月も80年も同じ一瞬の閃光の様に思えます。

 私はこの映画を観る度に、「私は今 生き(活き)ているか?
息をしているだけでは無いか?」と自問します。

私もこの主人公の様に限られた時間(人生)の中で、精一杯
空気に爪を立てて、活きて行きたいものです。
心に沁みる「♪命短し恋せよ乙女」の歌声に乾杯!!

----
公開: 1952年
監督: 黒澤明
出演: 志村喬/小田切みき/日守新一/田中春男
    千秋実/左卜全/山田巳之助/藤原釜足
採点: ★★★★★
----

【To be continued.】
 
 

『ライフプラン・セミナー』 を受講して [ Part 2 ]

2006/2/19(日)
 先日の 『ライフプラン・セミナー』 の影響で今日は朝から
保険の見直しをしていた。
無駄な出費を減らすのに、「保険の見直しは有効」との事で、
加入している保険のパンフレットを引っ張り出して、あれこれ
見ていた訳である。

 確かに「入るを図って出を制す」は、行政・経営・家計でも
基本中の基本で、チェックしてみると、なるほど今まで勧めら
れるままに複数の保険に加入していた為、無駄が多い。

例えば、「死亡保険金」。残された妻子の為に必要であるが、
(1)生命保険A: 4,000万円(傷病)
(2)生命保険B: 2,000万円(ケガ)
(3)自動車保険: 7,000万円(自身の補償)
-----------------------------------
これは、掛けすぎであろう!?
 ・病死の時:4,000万円 ・・・ (1)
 ・交通事故以外のケガで死亡時:6,000万円・・・(1)+(2)
 ・交通事故で死亡時:13,000万円 ・・・ (1)+(2)+(3)

会社/労組の規定も調べてみたら、種々補償がある事が
分かった。そこで、下記のように見直すことにした。
(1)生命保険A: 2,000万円(傷病)
(2)生命保険B: 2,000万円(ケガ)
(3)自動車保険: 3,000万円(自身の補償)
-----------------------------------
これで、掛け金は年間 65,000円強 安くなる勘定である!
(額自体は大した額では無いかも知れぬが塵も積もれば・・・である。)

 最近読んだ山崎元氏の 『お金がふえるシンプルな考え方』
ダイヤモンド社)にも、「できるだけ生命保険に加入しないこと。
本当に必要な保険にだけ 泣く泣く加入しよう」とあった。
(山崎氏の『お金がふえる・・・』は投資に関しても有益なヒントが多く、
お勧めの一冊である。)


 子どもが成長するにつれ、補償額は減らす事が出来るので
保険は毎年見直して行こうと思う。
セミナーでも 「随時見直して行く事も重要なポイント。
   ほったらかしが一番のムダ」
との事であった。

【To be continued.】
 
 

『ライフプラン・セミナー』 を受講して

2006/2/16(木)
 先日、会社で社外講師による 『ライフプラン・セミナー』 を
受講した(講師はファイナンシャル・プランナー)。
その中で、「日本人の60歳時点の平均余命 (60歳迄生きた人は
後何年生きるか)」の話が有り、女性:27.74年、男性:22.17年
だそうである。その為、退職後を見据えた長期ライフプランの
早期策定が必要
との事であった。

 「年金」と「保険」の話の後で「投資」の話が有り、現代の
最も大きなリスクは 『何もしない事』 で、投資を学ぶ手段は
『実践』、まずは始めてみる事だそうである。
これは、私の経験上からも容易に理解・納得出来た。

 次に「株式投資」の話となり、
  1. まずはキャピタルゲイン(値上がり益)を狙え!
  2. 配当金で手堅く稼ぐ!
との事だったが、これは私の方針(戦略)と異なるものである。
私は「配当金(キャッシュフロー)」を究極の目的に投資している
訳だが ・・・ 確かに これは楽な道ではない!
 ロバート・キヨサキ氏は「キャッシュフローを目的に投資
する人が多くない理由は充分なキャッシュフローがあって、
しかも値段が手ごろな資産を見つけるのが難しいから。」と
言っているが、これは至極もっともな事であろう。

 本日の為替レート:15.36円/HK$で、私の保有する
中国株の単価を見ると、
(1)中国(香港)石油[0135]: HK$2.375(36.5円/株)
(2)馬鞍山鋼鉄[0323]: HK$2.650(40.7円/株)
(3)中国石化上海石油化工[0338]: HK$4.300(66.0円/株)
(4)鞍鋼新軋鋼[0347]: HK$5.700(87.6円/株)
(5)中国海洋石油[0883]: HK$6.250(96.0円/株)
(6)中国製薬集団[1093]: HK$1.400(21.5円/株)
(7)深セン市東江環保有限公司[8230]: HK$0.680(10.4円/株)

 昨年7月に「馬鞍山鋼鉄:2,000株で配当約5千円」だった
ので単純に同一条件とし、500万円の配当金を得る為には
200万株(81,408,000円:手数料含まず)が必要となる
勘定だ。中国株が日本株に比べ安価と言えども、この様に
潤沢な資金を持って投資する事は難しい。

 まずは、82歳までの必要経費(コスト)をしっかり計算し、
「プラスのキャッシュフローを呼び込むパイプライン作り」
知恵を働かせねばなるまい!!(これが実に大変なのだが・・・)

【保有株の損益一覧(2/16現在)】
(1)中国(香港)石油[0135]: 10,000株
― 約定:HK$1.277 時価:HK$2.375 損益率:+86.03%
(2)馬鞍山鋼鉄[0323]: 14,000株
― 約定:HK$2.493 時価:HK$2.650 損益率:+6.31%
(3)中国石化上海石油化工[0338]: 12,000株
― 約定:HK$2.643 時価:HK$4.300 損益率:+62.71%
(4)鞍鋼新軋鋼[0347]: 4,000株
― 約定:HK$3.845 時価:HK$5.700 損益率:+48.24%
(5)中国海洋石油[0883]: 1,000株
― 約定:HK$4.337 時価:HK$6.250 損益率:+44.10%
(6)中国製薬集団[1093]: 16,000株
― 約定:HK$1.276 時価:HK$1.400 損益率:+9.71%
(7)深セン市東江環保有限公司[8230]: 10,000株
― 約定:HK$0.473 時価:HK$0.680 損益率:+43.64%
---------------------------------------------------
・総受渡金額:1,820,702円 総時価評価額:2,600,287円
― 利益:779,585円(利益率:+42.8%)

【To be continued.】
 
 

博士の愛した数式

2006/2/14(火)
 今日は有休を取得したので、午前中は「図書館」と
「献血ルーム(成分献血:血小板)」へ行き、午後は
映画 『博士の愛した数式』 を観てきた。

 この映画は、交通事故で記憶が80分しか もたない
数学博士と彼の世話をする家政婦とその息子の交流を
描いたもので、当初 私は「記憶が80分しか持たない」
とは、何ともお気の毒(不憫)な話だと思っていたが、
この博士にしてみたら、毎日が一期一会の中で生きて
いる。「素数」と「子供」を愛し、「美しい数式」を愛する
博士は不幸な影など微塵も感じさせない。

 毎朝、家政婦さんに靴のサイズと誕生日を尋ね、豊富
な数学の知識でその数字にまつわる話を繰り広げる。
毎日同じ事の繰り返しに時は静かに流れ、いつしか
家政婦親子にとっても数字に対し純粋に愛情を注ぐ博士
との時間が大切なものとなって行った。

 映画の中で、「友愛数」(恥ずかしながら、私は始めて
聞いた)、「完全数」、「オイラーの公式」等、数々の数字
/数式の規則性が紹介されており、学生時代に読んだ
数学者の矢野健太郎氏の書籍を想い出した。

 『半落ち』 で見せた寺尾氏の渋い演技は、この映画
でも健在で、家政婦役の深津さんの表情を一層引立たせ
ており、「配役の妙」と言えるのではないか!?
個人的には、博士の影響で高校の数学教師になった
家政婦の息子(ルート)を演じた吉岡さんの博士と同じ
目線での授業風景が非常に良かった。

 学生時代に、若くして決闘で亡くなったフランスの
数学者のガロアを始め、多くの天才数学者達に憧れて
いた事を、この映画は思い出させてくれた。
 ほのぼのとした実に良い映画であった。

----
公開: 2006年
監督: 小泉堯史
出演: 寺尾聰/深津絵里/齋藤隆成/
    吉岡秀隆/浅丘ルリ子
採点: ★★★★
----

【To be continued.】
 
 

フライトプラン

2006/2/13(月)
 ジョディ・フォスター主演とTV CMで面白そうだった
ので、会社帰りに 『フライトプラン』 を観てきた。
実に怖い映画であった。

 私はどちらかと言うと、この手のサスペンス映画は
苦手である。特に子供が事件に巻き込まれるのは、
子を持つ親としては非常に辛いものがある。

 子を想う母親役のジョディ・フォスターの迫真の
演技は見事ではあったが、観終わっても何故か
スッキリしなかった。

 映画も本と同じで(観る/読む)時期がある。
若い頃なら また別の感情を抱いたのかも知れない。

 明日は有休を取ったので、何かほのぼのとした
映画を観て来よう!

----
公開: 2006年
監督: ロベルト・シュヴェンケ
出演: ジョディ・フォスター/ピーター・サースガード/
     ショーン・ビーン/エリカ・クリステンセン
採点: ★★★☆
----

【To be continued.】
 
 

転校生

2006/2/11(土)
 センチメンタル・ファンタジーとでも言いましょうか、
幼馴染の男女の心と身体が入れ替わる 『おれが
あいつで あいつがおれで』 (山中恒氏)が原作です。

原作は児童文学ですが、それが大林監督の手に掛かるや
切なく ほろ苦い青春映画になるのですから不思議です。

 誰もが青春時代に観た思い出の映画を何作か持って
いると思いますが、私にとっては この 『転校生』 も、
とても大切で胸キュンな「思い出の一本」です。

昭和57年に公開されるや私の心を捕らえた この作品は
4月~8月の5ヶ月間に、ロードショー館 ~ 名画座まで
実に4回も私を映画館へ通わせました。

・4月18日 「オン・ザ・ロード」,「転校生」 1300円
・4月22日 「転校生」 1300円
・6月20日 「転校生」 650円
・8月30日 「転校生」,「瞳の中の訪問者」 500円

 主役の若い二人がとても初々しくて良いのです。
今では三谷幸喜夫人の小林聡美さんと尾美としのり君
の演技が実に感動的でした。
(3年後に同じ大林監督の 『さびしんぼう』 でこの映画の
多くの出演者が再度共演しており、こちらもお勧め!)

 瀬戸内海(尾道)の美しい風景とバックに流れるバッハの
「G線上のアリア」を始めとするクラシックの名曲の数々、
全てが融合して、第一級の青春映画となっています。

モノクロームな現実とフル・カラーの思い出!
二度と帰らぬ ほろ苦き青春時代に乾杯!!

----
公開: 1982年
監督: 大林宣彦
出演: 小林聡美/尾美としのり/樹木希林/佐藤充
    入江若葉/宍戸錠/志穂美悦子
採点: ★★★★★
----

【To be continued.】
 
 

塩狩峠 (三浦綾子)

2006/2/5(日)
 「読んでから見るか、見てから読むか」は
昔の角川映画のコピーだが、私は三浦綾子氏の
『塩狩峠』 は(映画を)見てから、読んだ。

 あれは私が大学3年の春、下宿に寄付を募りに
来た男性に「寄付して欲しいのはこちらの方です。」
と言ったものの時間を持て余していた事もあり、
四畳半の部屋に入れて、話を聞く事にした。

 彼は近所の教会でキリスト教の布教に努めており、
日曜日には信者を集め、講話も垂れるとの事だった。
「あなたはキリシタンか?」
「キリシタン? クリスチャンです。」
等のやり取りの後、一度教会へ遊びに行く事になった。

 そこは、教会というより和風旅館の様な建物で
「最初に映画を見て貰います。」と言われ、見せられた
映画が 『塩狩峠』 だった。
キリスト教徒の鉄道員の話で、最後は身を挺して
列車事故を防ぐといった感動作であった。
観終わって「これは実話をベースに作られた」と聞き、
再度感動したのを覚えている。

 結局その教会へは数回通っただけで縁遠くなったが、
三浦綾子氏とキリスト教に興味を持った私は、「塩狩峠」
以外にも「旧約聖書入門」、「新約聖書入門」や聖書も
読んだ。

これらの経験は少なからず私の人格形成に影響を与え、
その後 フランスのルーブル美術館、オルセー美術館
へ行った際にもキリスト教の知識が非常に役に立った。

「塩狩峠」は現在17カ国・13カ国語に翻訳され、海外でも
広く読まれているそうである。
私にとっても青春時代に影響を受けた忘れる事の出来ない
一冊である。

一粒の麦、
地に落ちて死なずば、
唯一つにて在らん、
もし死なば、
多くの果を結ぶべし。
(新約聖書 ヨハネ伝 第一二章 二四節)

【To be continued.】
 
 

オペラ座の夜 (クイーン)

2006/2/4(土)
 恐らくクイーン・ファンに好きなアルバムを訊ねたら
『オペラ座の夜』 と 『QUEEN Ⅱ』 がTOPを競うのでは
ないだろうか?

 私とクイーンの出会いは、今から30年ほど前の高校2年
の春で、ビートルズ以外のロックも聴いてみようかと学校
帰りにレコード店で洋楽・ロックの棚を探し、そのジャケット
のかっこ良さで 『QUEEN Ⅱ』 を購入した時である。

アルバムを聴いてその完璧なコーラスと文学的な歌詞が
新鮮 且つ 魅力的で、私の感性にジャスト・フィットした。

「オウガ・バトル(人喰い鬼の闘い)」
 いざ、今宵
 世にも怪奇な食人鬼の集い
 食人鬼の戦いを見物しよう

「フェリー・フェラーの神技」
 彼は妖精の男
 新月が輝くある夜のこと
 妖精の群が大勢集まった
 それというのも、明るい月光の下で
 その男がくるみを割るのを一目見物するために
 (対訳:山本安見氏)

 当時雑誌、等で「ロック界の貴公子」と言われただけあって
その華麗な風貌も私は大いに気に入り、夏には彼らの3rd
アルバム 『シアー・ハート・アタック』 を購入した。
 そして、その年の冬 12月の終わりに彼らの4枚目の
アルバムが発売されるや、私はレコード店へ飛んで行った。
そして手に入れたアルバムが 『オペラ座の夜』 である!
「オペラ座の夜」&「QUEEN Ⅱ」 クイーン

 このアルバムをロックの名盤と言わせしめているのは、
B面4曲目の名曲「ボヘミアン・ラプソディ」に因る物である。
バラード~オペラ風~ハード・ロックとその華麗な転調は
レッド・ツッペリンの「天国への階段」と同じ位 美しい。

 私はアルバム・トータルのイメージ(世界)では
『QUEEN Ⅱ』 に軍配を上げるが、1曲の完成度(イメージ
の広がり)の点では「ボヘミアン・ラプソディ」が収録されて
いる 『オペラ座の夜』 を選択する。どちらも甲乙付け難い、
何度聴いても飽きが来ない名盤である!!

私にとってクイーンは5thアルバム 『華麗なるレース』
までで、その後のアルバムは興業的には成功を収めた
のだろうが、何故か急速に興味を失ってしまった。
(♪私の中では、永遠にジョンは長髪だし、フレディーも
髭など生やしていない!)

確かに「アイ・ワズ・ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」も良いが、
私にとっては「ホワイト・クイーン」や「マーチ・オブ・
ブラック・クイーン」の方が上である。

 そして、クイーンのボーカルはフレディーで無きゃ~と
思うのは、私だけではあるまい ・・・ !?

【To be continued.】
 
 

■ マイル・ストーン ('06/1月)

2006/2/1(水)
 早いもので、1月も終わり 今日から2月である。
果たして、『欲張り王』への進捗は如何に!?

■2006年度必達目標の進捗状況
 1.年間10冊の小説を読む!
   ・・・ 0冊 (進捗率:0%)

 2.年間10本のロードショーを観る!
   ・・・ 2本 (進捗率:20%)
   ☆1月 2日「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」
   ☆1月16日「プライドと偏見」

 3.年間10枚のJAZZ/Classicの名盤を聴く!
   ・・・ 0枚 (進捗率:0%)

 4.年間6回の献血をする!
   ・・・ 1回 (進捗率:16.7%)
    ☆1月22日「血漿」

 5.家族を3回宿泊の伴う旅行に連れて行く!
   ・・・ 0回 (進捗率:0%)
   ・3/末 栃木県那須 ・・・予定(未定)

 6.「TOEIC 600点突破/英検2級合格」を目指す!
   ・1/29(日)英検2級受験済み・・・結果未定
   ・3/初 会社でTOEIC受験・・・予定

 7.11月の市民マラソン10kmに出場し完走する!
   ・目標タイム:50分
   ・・・ 練習:0回 (進捗率:0%)
 
 8.年間50万円の貯蓄をする!
   ・6/末までに25万円確保
    ☆1月Net収入:4,490円 (進捗率:0.9%)
 
 9.カミさん孝行をする!!
   ・2ヶ月に1度、日帰りだけど温泉に連れて行く!
   ・・・ 1回 (進捗率:16.7%)
    ☆1月29日「日帰り温泉」

10.ブログを充実させ、多くの人と友達になる!
   ・目標:相互リンク10件
   ・・・ 1件 (進捗率:10%)
    ☆Special Thanks
     『打倒!金持ち父さん』 管理人”おっさん”殿

11.「中国語能力検定(準4級)合格」を目指す!
   ・・・ 学習:0回 (進捗率:0%)
   ・準4級受験:3/26(日) → 6/25(日)へ軌道修正

スタート月としては、まあまあってとこか!?
この調子で今月も頑張ろう!!
11項目全て達成出来たら【欲張り王】、欲張り王に俺はなる!!

【To be continued.】
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。