FC2ブログ
 

容易受傷的女人(王菲)

2013/2/17(日)
昨年8月、シンガポールの紀伊国屋で購入した 『中国語が1週間で いとも
簡単に話せるようになる本』 に、中島みゆきお姉さまの「ルージュ」を中国の
歌手が「容易受傷的女人」という題でカバーし、大ヒットさせた旨の記載が
有り、私はショッピングセンター内のCDショップへ足を運んだ。

王菲 (Wáng Fēi)という歌手が歌っている事を知り、お店に有った4枚組(内
1枚はカラオケ)
のベストアルバムを購入し、早速聞いてみると ・・・ 素晴らしい!

本家に勝る訳が無いと妄信していた私はショックを受けた。勝るとも劣らぬ
とは、正にこの事か!? 歌詞は分からねど(おそらく内容は全く異なる)、
歌唱力がずば抜けて高く、一発でファンになってしまった。

【容易受傷的女人(王菲)】


ネットで検索すると他にも同曲を歌う方々がおられた。
こちらは色っぽい女性二人が歌う 『容易受傷的女人』 で、ラストは
オリジナルな転調をみせる。

【容易受伤的女人(越语版)】


こちらは男女二人による 『容易受傷的女人』 で、歌劇調な趣が魅力的!

【容易受傷的女人(越南話)】


他にも、みゆきお姉さまの多くの曲が、中国の歌手によって歌われて
いるが、私は王菲の 『容易受傷的女人』 が一番好きである。

【To be continued.】
スポンサーサイト



 
 

歌姫 (中島みゆき)

2011/7/23(土)
 大学1年の時、寮の同僚が持っていたLP 『あ・り・が・と・う』 収録の
「店の名はライフ」でファンになった私は、みゆきお姉さまのアルバム
を買い、聞き続けた訳だが、9枚目の 『寒水魚』 収録の「歌姫」の
歌詞で度肝を抜かれた。

 男はいつも 嘘がうまいね
     女よりも子供よりも 嘘がうまいね
         女はいつも 嘘が好きだね
              昨日よりも明日よりも 嘘が好きだね


「男はいつも嘘がうまい」と来れば、「女は嘘が嫌い」と来ると盲信して
いた私は、「女はいつも 嘘が好きだね」で、頭の中は真っ白状態。
続く 「昨日よりも明日よりも 嘘が好きだね」で、とどめを刺されて、
もうどうにでもして頂戴状態だった。 本当に凄い人だなぁと改めて
感心させられた事を懐かしく思い出す。

【歌姫】


 その後も(1993年~2000年のブラジル勤務の空白期間はあるが)、
お姉さまは私にとって気になる存在で有り続け、彼女の歌から元気
を沢山貰っている。 特に近年の彼女の笑顔がとっても素敵で、私は
益々メロメロ状態にある。

【銀の龍の背に乗って】


【誕生】


 お姉さまは来年2月で還暦を迎えられるが、これからも素晴らしい
唯一無二の「歌姫」として歌い続けて頂きたいと願っている。

【To be continued.】
 
 

JOHN COLTRANE & JOHNNY HARTMAN

2011/7/17(日)
 今日はJ.コルトレーンの命日である。

40歳という若さで亡くなった彼だが、彼の残した作品は
今も世界中の多くの人たちを魅了し続けている。

彼のオフィシャルサイト「JHON COLTRANE.com」で彼のVIDEOを
観ながら、今日も大勢の人がアクセスし新たなファンが誕生して
いることであろうと思った。

私もお気に入りの曲を聴いて過ごす事に致しましょう。

【MY ONE AND ONLY LOVE】



【Blue Train】



【My Favorite Things】



【To be continued.】
 
 

ラバー・ソウル (ビートルズ)

2007/9/7(金)
 1822年の今日(9月7日)ドン・ペドロ1世が剣を天に掲げ 『Independencia
ou Morte!(独立か死か!)』 と叫び、ブラジルはポルトガルから独立した
訳だが、サンパウロ勤務時代 この話が好きだった私は、家族でイピランガ
公園(独立公園)へよく行った。今となっては懐かしい思い出である。

 懐かしいと言えば 高校時代、ビートルズに凝って「Yeah Yeah!」 言って
浮かれていた私は 『アビー・ロード』 の次に中期の名盤 『ラバー・ソウル
を聴いてショックを受けた事を思い出す。

 『ヘルプ! 4 人はアイドル』 の次に発表されたこのアルバムは、それ迄
の初期アイドル時代のサウンドとは全く異なり、アコースティックなサウンド
が前面に出て、「ミッシェル」、「ひとりぼっちのあいつ」、「イン・マイ・ライフ」
等、名曲が多く収録されており、その音楽性の変化に驚いた。

RUBBER SOUL

 私は、個人的には哀愁漂うB面2曲目 「ガール」 とJohn の歌い出しの
「♪ Well~」が格好良く、調子の良いB面7曲目 「Run for your life(浮気
娘)」 がとても好きだった。

 このアルバムの後 『リボルバー』、 『サージェント・ペパーズ・ロンリー・
ハーツ・クラブ・バンド』 と続く訳だが、これからの秋の夜長に久しぶりに
ビートルズを纏めて聴き返してみるのも一興である。

【To be continued.】
 
 

小さな恋のメロディ ( オリジナル・サウンドトラック)

2007/6/3(日)
 時間が経つのは早いもので、5月の初め(First of May)に記事に
しようと考えていたのだが、あっという間に6月になってしまった。

 私が映画 『小さな恋のメロディ』 を初めて観たのは中学1年の6月、
中間テストが終わり、学校で上映された時だった。この時は幼かった
せいか何も感じなかったのだが、4年半後の高校2年の秋にTV放映で
観た時はトレーシー・ハイドの可愛らしさにもうメロメロになってしまった。
ここから一大ブームとなり、映画雑誌「ロードショー」の人気投票で彼女は1位に!

 私は居ても立っても居られず、サントラ盤を買おうと街のレコード店
へ自転車を飛ばして行ったのだが、 「メロディ・フェア」 のシングル盤
しかなく、ガッカリして取り寄せをお願いした。 待ってる間の1週間が
とても長く感じられたのを今でも覚えている。
 
本日、「YouTube」で 『小さな恋のメロディ』 関連の画像を 見飽きる
事無く見続けてたら、これまた あっという間に時間が経ってしまった。

【小さな恋のメロディ】


 しかし、それは仕方が無い。多くの同世代の方々と同様、私の人生も
この映画に大変影響を受けたのだから ・・・。映画に関しては次の機会
に譲るとして、このサントラ盤は ビージーズ(5曲)、クロスビー・スティ
ルス・ナッシュ&ヤング(1曲)の歌が素晴らしく、1枚の音楽アルバムと
しても大変優れている。

 今でも、このアルバムを聴くと、胸がキュンとなるのは私だけでは
無いだろう!

【To be continued.】