スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

君の膵臓をたべたい

2017年9月23日(土)
 7/28の封切から、その完璧な作品に魅了され映画館へ足を運び、
本日で35回目の鑑賞となったが、何回観ても感動が色あせない!

 愚考するに、当作品がこれ程までに多くの人々を魅了した理由は
①最初から最後までテンポ良くスムーズに流れるストーリー(原作の
良さも当然あるが、更に磨き上げた脚本の妙。過去(回想)と現在の
計算された移行技法)と ②無駄なカットの無い絶対的な映像美 と
背景のささいな音(ドアノブの回転音、ページをめくる音、人々の会話、
息遣い、等々)の効果音、作品中に流れる哀愁漂うテーマ曲の絶妙
な融合技法と ③主演の若い二人の魅力と小栗/北川両名の名演は
言うに及ばず全出演者の完璧な演技とそれを見事にまとめ上げた
製作現場力に因るものではないかと思う。
その結果、私の大好きな黒澤明監督の『 生きる 』 に劣らぬ人生賛歌
の傑作の誕生となったのではなかろうか。

 35回も観ると作品の細部(日記の日付、メールの送受信日時、結婚
式の招待状の記載住所、等々)も記憶に残るが、毎回一緒に鑑賞した
多くの観客の反応(すすり泣き音、鑑賞後の会話)も感慨深いものがあり、
日本人も捨てたモンじゃないと思わされた。

 尚、実は ・・・ 私は毎回エンドロールクレジットを観ながら、作品中の
栗山君よろしく、「完璧だったのになぁ~」と ある疑問を抱えていた。
(勇気を出して月川監督に「真実と挑戦」ゲームを挑みたかった:笑)

それは、「どうして、ミスチルの「himawari」をイントロから挿入したの?」
って事。 ヒロインの最後の台詞の後に、一拍置いて 「♪ 優しさぁ~のぉ~」と
イントロ無しで挿入した方がインパクトが有る と考えた私は「何故イントロを
挿入したのか?」、「どちらの方が良かったか?」を毎回考えてた。
( どちらであっても当作品の素晴らしさは微動だもしないが ・・・ )

イントロ無しでは観客の感動がMAXに至り、号泣者続出、次回開演時間の
修正等で全国の上映館に迷惑を掛けるから? 退出者の階段踏み外し事故
多発等で観客に迷惑を掛けるから、イントロによる気分の沈静化を図った?
やっぱ、イントロから挿入した方が感動的? いやいや、どうかな?等々考え、
結論が出ぬまま毎回映画館を後にした。 本日、35回目の鑑賞で、
「私が監督なら」の観点で、無理やり答えを出した。 

月川監督、お門違いなのは分かっているんです。でも ・・・ ごめんなさい。
君は嫌がるかも知れないけど ・・・ 私は やっぱり ・・・
 イントロ無しバージョンが良かった!
( ここで BGM 「himawari」 イントロ有りバージョンを挿入 )

 死せる孔明、生ける仲達を走らす!
   志賀君の明るい未来と全製作関係者の偉業に、乾杯!!

--
製作: 2017年
監督: 月川翔
出演: 浜辺美波/北村匠海/小栗旬/北川景子/森下大地/
     大友花恋/矢本悠馬/桜田通/上地雄輔
採点: ★★★★★
----

追伸: 本日併せて 『 ナミヤ雑貨店の奇蹟 』 を観て、キミスイの劇場鑑賞は
本日が最後になるかもしれない ・・・ と思った。

【To be continued.】
スポンサーサイト
 
 

アベンジャーズ

2012/5/18(金) ~ No.2 ~ 
 会社帰りにショッピングセンター内の映画館で 『アベンジャーズ』 を観た。
3D作品だが料金はRM18.00(454円)と めちゃくちゃ安い!字幕はマレー語
と中国語で、細かいニュアンスまでは分からなかったが、SFアクション映画は
視覚的でストーリーも、ほぼ理解出来、『アイアンマン』 と 『キャプテン・
アメリカ』 のファンである私は充分楽しめた。

 「お国変われど観客(の多く)は変わらず」 とでも言おうか、エンドロールが
始まるや観客が退席を始め、「おぃおぃ、最近の映画はこの後にも未だある
のに」と思っていたら ・・・ 案の定 ・・・ あった。 (次回作も楽しみ!)

 『アイアンマン』 や 『キャプテン・アメリカ』もそうだが、この手のヒーロー物
は余り考えずに楽しめるので、私の様な者が外国の映画館で観るのには、
ちょうど良かった(個人的には 『アイアンマン』 のペッパー役のグウィネス・
パルトローを観れただけでも満足だったが)。

 マレーシアで観た映画の記念すべき第1作目が、この作品で良かった!と
映画の神様に感謝して、映画館を後にした。

----
製作: 2012年
監督: ジョス・ウェドン
出演: ロバート・ダウニーJr./クリス・エヴァンス/マーク・ラファロ
     クリス・ヘムズワース/スカーレット・ヨハンソン
採点: ★★★★
----

【To be continued.】
 
 

この空の花

2012/4/30(月) ~ No.2 ~
 昨日(4/29)、地元先行ロードショーとの事で、『この空の花 長岡花火物語
を観た。

長岡の花火は子どもの頃から何回か信濃川の土手で見ていたが、大学進学
で東京へ出てからは、ご無沙汰で、10年ほど前に一度だけ子ども達に長岡祭
(8/1~3)を見せたのが最後だった。長岡の者ならば長岡花火が昭和20年8月
1日の空襲の犠牲者の霊を慰め、戦災復興と平和祈願を目的に打ち上げられ
ている事や、年配の方(うちの親父様も)が、花火の音が空襲を思い出させる為、
嫌っている事も知っている。

その映画化となると、どの様になるのだろうと思ったが、そこは大林監督の事、
見事なノスタルジックな作品となっていた。個人的には一輪車の多用にどの様
な意味が有るのか分からなかったが、長岡空襲と昨年の3.11東日本大震災の
記憶と「未だ戦争に間に合いますか」の舞台が妙に融合し、花火の美しさと
哀愁が漂う不思議な世界を展開していた。

暫く時を置いて、再度観たいものだが日本出国前のこの機に見る事が出来て
本当に良かったと映画館を後にした。
--
製作: 2011年
監督: 大林宣彦
出演: 松雪泰子/高嶋政伸/原田夏希/猪股南/寺島咲/
     筧利夫/笹野高史/富司純子/藤村志保/柄本明/
     尾美としのり/草刈正雄/片岡鶴太郎/犬塚弘
採点: ★★★★☆
----

【To be continued.】
 
 

ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル

2011/12/18(日)
 シリーズ第4弾、今回も滅茶苦茶 面白い!
『タンタンの冒険』 のハラハラ・ドキドキ感に勝るとも劣らない出来で、
テンポの良さと卓抜したストーリー展開に、ただただ感心させられた。

モスクワ、ドバイ、ムンバイ、ブダペストで繰り広げられるスピーディーな
アクションと最新機器(本当にコンタクトレンズから画像って送れるの?)
に魅了され、2006/7/17(月)の 『M:I:Ⅲ』 でも記したが、トム・クルーズが
全力で疾走する場面も本当に感動的で刺激を受ける。

『ダイハード5』も制作される様だし、『M:I:Ⅴ』 も期待したい!

 「前作を凌ぐ作品を作る」というミッションを
       見事に成し遂げる制作スタッフ、出演者に乾杯!


--
製作: 2011年
監督: ブラッド・バード
出演: トム・クルーズ/ジェレミー・レナー/ポーラ・パットン
     サイモン・ペッグ/ジョシュ・ホロウェイ
採点: ★★★★☆
----

【To be continued.】
 
 

サンザシの樹の下で

2011/9/10(土)
 チャン・イーモウ監督と言えば、『HERO』、『LOVERS』 が有名で、
私もその色彩の美しさに魅了された訳だが、今回の作品は全く
それらとは趣が異なり、文化大革命時代の純愛物語だった。

 前述の2作はストーリーで魅せたが、今回の作品は主演の若い
二人の初々しさに魅せられた。特にチョウ・ドンユィは笑顔がとても
良く、何故か気になる新人で今後が楽しみである。

ラストは悲しい結末で、ショーン・ドウの流す涙が胸を打つ。
国は違えど、人の感情は全世界共通で、世界平和を願わずには
いられない。

もう一度、若い二人に会いに行こうと考えている。

--
製作: 2010年
監督: チャン・イーモウ
出演: チョウ・ドンユィ/ショーン・ドウ/シー・メイチュアン
     リー・シュエチェン/チェン・タイシェン
採点: ★★★★
----

【To be continued.】
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。